自由に生きてきた我々が、社会人になって痛感したこと

僕は軒並みと同じ用事をするのが苦手です。というか、日程をできるのが嫌いです。
小さい頃から、スクールの宿題には必ず日程がありました。宿題が断じて出せない子供思い切り怒られてました。それでも、この世界で生きてると何にでも日程ってあると思います。日程を決めなかったら、何でもありになっちゃうし、取り込みがつかなくなりますよね。それでも、日程が嫌いな第三者って多いのでないでしょうか。学徒であれば、登校間隔、社会人になると仕事など、第三者は常に間隔が決められて動いています。けれども、僕は物凄い苦手で、ちょくちょく、ハイハイ、自分の好きなようにしたくなっちゃってサボってしまう。はなはだダメな子供です。けれども、学生時代はそれで数字が悪かったわけじゃないし、やっぱり、数字はトップクラスでした、受験も全品成功しています。日程とかの方針がなくて、自分なりにこれはやらなければいけないってことはわかっている意図です。スクールのクラスも、きちんと聞いていませんでした。凄い私情なんでしょうが、今日は数学やりたくないなって思ったら、医師の目を盗んで、当日勉強したい箇条の相談を解いていたし、もしも仮にすぐさま数学の相談を解いてと医師に言われても、予め自分で勉強したあるので、なので恥をかいた物覚えもありません。こんな感じで生きてきたので、社会人になって仕事に入って大いに内面が疲れました。仕事はスクールほど自由じゃないし、何かひどく際立つようなことをしたらリストラになっちゃいます。世渡りって大変です。毛がにを初めてお取り寄せするなら必見です

自由に生きてきた我々が、社会人になって痛感したこと